2019年06月16日

伊藤博文別邸(金沢八景)

水彩画 略6号 2019・6

s-DSCN1422.jpg
6月ともなると雨の日が多いような気がします。
先日、「まだ生きてる会」を開催、「金沢まいもん寿司」で乾杯しました。
金沢市からの出店で、北陸でとれるネタを中心に繁盛していました。
甘エビとのどグロはさすがに美味しかった。酒は「菊姫」でした。
伊藤博文別邸は金沢八景の野島にあります。海が直ぐ傍まで来ていますので
手入れの行き届いた庭からの眺めは格別です。
いいなぁと思ったらクリック願います。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
posted by 三八爺 at 18:08| Comment(0) | ギャラリー

2019年05月30日

称名寺 黄菖蒲

水彩画 略6号 2019・5

s-DSCN1421.jpg
北条実時が開祖とされる称名寺は、今、黄色の菖蒲が真っ盛り、
大きな池をぐるりと囲んで満開でした。
先日、朝、足を突っ張って歯を磨いていて、ぎっくり腰になって仕舞いました。
その2日後に郷里に住む義姉が永の患いの後、亡くなったとの訃報有り、
田舎へ急遽帰ることになり、500kmを家内と交代で運転することに
なりました。腰痛ベルトを巻いてただひたすらに運転しました。
お葬式も無事終わり、一週間経って帰りの500kmを運転するころには
随分と楽になっていました。
結局、2週間で完治することになりました。もう懲り懲りです。
良いなぁと思ったらクリック願います。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
posted by 三八爺 at 17:39| Comment(2) | ギャラリー

2019年04月30日

金沢自然公園

水彩画 略6号 2019・4

DSCN1375.JPG
4月の暖かい日です。近くの金沢自然公園の入口付近の藤棚を
描きました。新緑の季節です。野生の藤らしく丈が意外と短く、
色も余り濃くありません。
先日、高校同窓会ハイキングで新木場から屋形船に乗って
東京湾に出ました。生まれて初めて”もんじゃ焼き”と言う物を
食べました。ビールに合いますネ。
良いなぁと思ったらクリック願います。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
posted by 三八爺 at 09:20| Comment(0) | ギャラリー

2019年03月05日

金沢八景 平潟湾

水彩画 略6号 2019・3
s-DSCN1290.jpg
昨年、この時期に同じ構図の平潟湾を載せています。
同じものを描いてみました。別に上手くなったようには見えません。
今年初めて筆を取りましたが、手の震えは相変わらずで段々酷くなって
行くようです。
漸く暖かくなって来ました。少し頑張って描いてみようと思っています。

posted by 三八爺 at 17:28| Comment(4) | ギャラリー

2018年12月16日

横浜 日本大通り

水彩画 略6号 2018・12

s-DSCN1247.jpg
公孫樹の絵が3回続くと飽きますね。12月1日に描いたものです。
掲載が遅れてすみません。この日の横浜地裁前は子供たちの
カート・レースで大勢の参加者、その両親、応援者などで
ごった返していて、とても絵など描いている隙間が無いので
うんと海岸よりの郵便局の前から描きました。
斜め前からくる自転車って割と描き難いですね。
さて12月も半ばを過ぎて、今年ももう直ぐ終わりますね。
結局今年は12枚しか描いてませんね。
ゴルフと一緒です、年々回数が減って来ています。
今年はこれで終わりです。皆さん良いお年を!!
良いなぁと思ったらクリック願います。


にほんブログ村
posted by 三八爺 at 16:01| Comment(2) | ギャラリー

2018年12月09日

横浜 日本大通り

水彩画 略6号 2018・12

s-DSCN1235.jpg
まずまずのお天気が続く中、4日、この日の日本大通りは例の
煽り運転の裁判で地裁前が其れなりの人だかり、私も東名を
良く運転するので良く分かるが、追い越し車線でぴったり
後に着かれたことは何度もありますし、本線でも車間距離を
充分取らない車のなんと多いことか。
今年の公孫樹は塩害の関係か色が余り良くありませんがそこは
絵ですから上手く調整したつもりです。
先日、ふるさと納税で手に入れた「せいこがに」を食べた、
上海ガニと同じで内子、外子とも美味、関東ではなかなか
手に入らない。美味しかった。
良いなぁと思ったらクリック願います。


にほんブログ村
posted by 三八爺 at 15:43| Comment(0) | ギャラリー

2018年12月02日

横浜 開港資料館裏

水彩画 略6号 2018・11

s-DSCN1219.jpg
未だに木枯らし1号が吹いていない、小春日和の1日、開港資料館の裏に
集合、今年の台風の塩分を含んだ風の所為で枯葉が混じる公孫樹を
描いてみた。
例年の公孫樹がどんなものか知っているので、枯葉混じりの公孫樹は
枯葉混じりでなくなってしまった。
因みに背景の教会は日本で最初のプロテスタント派の教会
だそうです。
良いなぁと思ったらクリック願います。


にほんブログ村
posted by 三八爺 at 15:23| Comment(2) | ギャラリー

2018年10月04日

横須賀 ヴェルニー公園

水彩画 略6号 2018・10
s-DSCN1086.jpg
台風24号、25号と同じようなルートで立て続けに来ますね。
雨の日と晴れの日が2〜3日置きに交互に来ますね。その合間を
縫って横須賀のヴェルニー公園に行って来ました。
偶には横須賀の海軍カレーを食べたかったのですが、時間なく
お握り2個で済ませました。
航空母艦と駆逐艦が入っていました。北朝鮮と中国が有る限り
油断できませんね。
描いている目の前で若いお姉さんがソフトクリームを食べ始め
ましたので絵にはいって戴きました。
木々が少し色ずき始めましたね。
良いなぁと思ったらクリック願います。


にほんブログ村
posted by 三八爺 at 14:49| Comment(0) | ギャラリー

2018年09月29日

逗子、小坪港

水彩画 略6号 2018・9

s-DSCN1067.jpg

雨の日が続きますが、或る施設の玄関に引いてあったビニール製の敷物の
濡れていた部分で思いっ切り転倒して、家内が左上腕を骨折しました。
以来、運転は勿論、家事一切が出来ません、包丁が使えません、
左手が使えませんので重いものは持てません、洗濯物も干せません、
と言う事で現在私は益荒男派出夫状態になって居ります。
先日、曇天の中急いで描いた船の絵に手を入れて漸く掲載が出来るように
なりました。
遠くに白壁に赤い屋根と言う素晴らしく綺麗なマンションが有ります。
周りには椰子の木も植えてあり、景観はすばらしく、殺風景な漁港
とは対照的です。
良いなぁと思ったらクリック願います。


にほんブログ村
posted by 三八爺 at 15:11| Comment(3) | ギャラリー

2018年08月11日

立山弥陀ヶ原

水彩画 略6号 2018・7

s-DSCN0988.jpg
7月20日、扇沢から黒部ダムへ、巨大なトンネルを抜けてダムの頂点に立つ、
巨大なトンネルと言い、この壮大なダムの景色と言い、これは人間の
作ったものとはとても思えないほど雄大なもので、完全に圧倒されて
しまった。写真を撮るのが精一杯、絵に描こうなんてとても、とても。
バスとケーブルを乗り継いで立山弥陀ヶ原へ、中学生の時親父と、
高校生の時友人4人とこの室堂に泊った。60年近く前の話だ。
朝の3時ころ、この室堂を出てこの道を真っ直ぐ進み、途中の
雪渓を渡り、先の一の越小屋でひと休みして、この絵の真ん中上の
雄山で御来光を見たものだと一人思い出に耽りながら描いた。
60年前に歩いた道をどう歩いたのか、一歩一歩踏襲してみたい、
そんな気持ちにさせられながら描いた。
良いなぁと思ったらクリック願います。


にほんブログ村
s-DSCN0919.jpg
黒部ダムの景観
posted by 三八爺 at 14:52| Comment(3) | ギャラリー